Ducati 1199 Panigale Superleggera

2014年に世界限定500台のみが販売され、マグネシウム製のモノコックフレーム、ドライカーボン製のフェアリングとリヤのシートフレームを採用。更にエキゾーストシステムや車体各部のナットやボルトに至るまで、随所にチタン合金やアルミを使用しております。
エンジン内部にも手が加えられ、SBKマシンと同じピストントップ形状を採用、燃焼室形状なども見直す事で、最高出力は 200HPを発生。乾燥重量は155kgまでに抑えられていたので、パワーウェイトレシオは、驚異的な0.775kg/HPを誇ります。
電子制御システムとしては、加速時における前輪の浮き上がりを制御するウイリーコントロール(DWC)が追加され、DAA+(データアナライザー)には、コーナリング時のバンク角も記録できるようになっております。
フロントフォークはオーリンズのFL916、リヤショックはオーリンズTTX36を採用しております。


Leggeraはイタリア語で「軽い」の意味を持つ言葉。

Superleggeraは軽さにとことん特化したマシン、スポーツバイクにとって「軽さ」は抜群のアドバンテージを持つことでもあります。

サーキットではもちろんの事、ワインディングなどを飛ばすときにも、軽快なハンドリングと抜群の操作性を備えます。パワーウエイトレシオにも大きく貢献、またブレーキング時にも軽さは武器になります。


フロントフォークはオーリンズ製FL916 43mmチタンコート・フルアジャスタブル倒立フォーク。

リヤサスはオーリンズTTX36、フルアジャスタブル・モノショックにチタニウムスプリングを組合せたスペシャルな足回りを採用しております。


リヤダンパーを拡大表示。

オーリンズTTX36をリヤに装備。スプリングはチタン製を使用したスぺシャルのな組合せ。

コイルスプリングガードも、ドライカーボン製を装備。


アルミニウム片持ち式スイングアームをカバーする、カーボンパーツはドゥカティパフォーマンス製を装着。


前後のホイールには、マルケジーニ製のマグネシウム鍛造ホイールを採用、足元の軽量化はハンドリングやブレーキングに大きく貢献しており、ワインディングやサーキットなどで本領発揮致します。


フロントブレーキには、ブレンボ製M50/4ピストン ラジアルマウント モノブロックキャリパーに、330㎜径セミフローティングダブルディスクを装備。


アクラボビッチ製のチタニウムエキゾーストシステムが標準装備。アクラボビッチ、チタニウムレーシングエキゾーストが同梱にて付属しておりますので、フルエキにチェンジも可能。


ラジエターコアを守る、MOTO CORSEのチタニウムプロテクションスクリーンをオプション装備しております。


ブレンボのブレーキマスターシリンダーから伸びて来る、リモートレバーアジャスター。走行中に変化してくるブレーキの握り込み量を随時調整する事で、絶妙なブレーキングフィールを味わえ、サーキットユースでは有難い装備となります。


TFT液晶フルカラーのメーターパネル。

回転計がバー表示で速度計がデジタル表示、とっさの確認でも認識し易いシンプルなデザイン。


Ducati 1299 Superleggera

カーボンモノコックフレームを採用、 世界限定500台、技術とテクノロジーの集大成。

1299 スーパーレッジェーラはドライカーボン製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを標準装備した、世最初のプロダクションバイクで、エンジニアリング・技術・パフォーマンスの宝庫です。これほどのプロダクションバイクを生産したオートバイメーカーはドゥカティ以外には有りません。

ドライカーボン製のフレームとスイングアームは、ホイールと同様に軽量で高剛性を誇り、カウルやシートベース、小物入れに至るまでドライカーボンで出来ており、乾燥重量は156㎏と軽さと仕上がりに拘り抜いたバイクです。

電子制御システムには、6軸慣性測定ユニット(6D IMU)を最大限に活用した新しい電子パッケージを搭載しており、この電子パッケージにはDTC EVO、DSC、DWC、EVOが含まれ、MotoGPマシンに近いバイクコントロールを楽しむ事が出来ます。

パニガーレに初めて登場したドゥカティパワーローンチ(DPL)を搭載しており、このシステムは超高速スタートをフォローし、ライダーはクラッチを繋ぐ事に集中できます。

エキゾーストシステムは、ハイマウント・デュアルサイレンサー付きのフルチタン製アクラポヴィッチエキゾーストが標準装備、更にレースキットにはフルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾーストが同梱されておりました。
軽さに拘り、パワーに拘り、パワーをコントロールする電子制御に拘り、ライディングを安全に楽しめる足回りとブレーキシステムにも拘りを用い、当時のドゥカティファクトリー技術の粋を極めた最高パフォーマンスを備えたマシンが1299 スーパーレッジェーラです。


ドライカーボンで包まれた車体の下には、スーパークアドロの最高性能バージョンが搭載されており、1299 スーパーレッジェーラ のデスモドロミックエンジンは11.000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9.000 rpmで14.9 kgmとハイパワー。
SBKレギュレーションに沿った排気量1.198ccのスーパークアドロエンジンを持つホモロゲーションモデル「パニガーレR」と違い、1.285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージに。これまでに製造された市販車の中で、最強で最後のツインエンジンと言えます。足回りもオーリンズFL936フロントフォークやTTX36のリヤショック+チタン製スプリングを採用、ブレンボのM50モノブロックキャリパーや330㎜径のブレンボ製ローターがセットされて、サーキットからワインディングと走りを楽しまれる方には、最高のパッケージとなります。


フロントブレーキには、ブレンボ製のM50・ 4ピストン ラジアルマウントモノブロックキャリパーを330mm径セミフローティング・ダブルディスクと組合せ、ボッシュ製コーナーリングABSユニットを採用してコントロールしております。


フロントフォークには、43㎜径のチタンコートインナーチューブを使用した、オーリンズFL936倒立フォークを採用し、アルミ削り出しのフォークボトムには美しい削り出しのラインが刻まれていて、所有感をくすぐります。

リヤにはオーリンズTTX36ダンパーに、軽量なチタン製のスプリングをチョイスしており、ここにも拘りのスペシャル感が漂います。


デュアルサイレンサー付きのハイマウント・フルチタン製アクラポヴィッチ エキゾーストが標準装備。同梱のレーシングキットには、フルチタン製アクラポヴィッチ レーシングエキゾーストが付属しており、サーキットでのパフォーマンスをも最大限楽しむ事が出来ます。


ドライカーボン製の前後ホイールは軽く、回転方向に対しての慣性力も減り、ハンドリングだけでなくブレーキングにも効果絶大。


ドライカーボン製の片持ち式スイングアームを採用、軽さと高剛性の両立を図っております。


新車の1299スーパーレッジェーラにオプション装着で、カスタムがなされております。

CNC ビレット フューエルタンクキャップ クイックオープンタイプDBT Design チタニウム ハンドルバーエンドウェイトCNC ビレット ラジアルブロック スクエアエッジコンセプト ライディングフットペグカーボン コンパクトライセンスプレートサポート セットカーボン ライセンスプレートベースチタニウム プロテクションスクリーンのラジエーターオイルクーラー用


Ducati Scrambler 1100

2018年に新たに加わった、スクランブラー1100。

かつてモンスター1100系に搭載されていたユニットをベースに、環境規制のユーロ4に適合させた、1,078ccの空冷Lツインエンジンを搭載。シート下に配置するボリュ―ム有るアップ型サイレンサーが特徴的で、タウンユースからツーリング、排気量を生かしてのロングライドもこなせるモデルです。

フロントフォークはマルゾッキ製45㎜径フルアジャスタブル倒立タイプ、リアショックはKYB製プリロード・リバウンド調整機構付きモノショックを装備。ブレンボ製M4.32 モノブロックキャリパーをラジアルマウントするダブルディスクを装備して、Ducatiらしいスポーツ性もシッカリと盛り込まれております。

シート高は810㎜と低めで足つき性も良く、乾燥重量が189kgとの軽さを生かして、軽快な走りと取り回しの軽さから、ドゥカティを初めて乗る方、女性ライダー、セカンドバイク等、幅広い世代・ユーザーに支持されております。中古車として市場に出て来る台数も少ない中、出て来ても乗り易さからか?走行距離が進んでいる車輛が多いのが現状ですが、こちらの車輌は1,812Kmと少なく、とても上質な1台となっております。


Ducati 空冷L型ツイン、2バルブ・デスモドロミックエンジンを搭載。

最高出力86 ps/ 7,500 rpm、最大トルク9.0 kgm/ 4,750 rpmを発生する、低中回転寄りのセッティングですので、扱いやすく空冷独特の鼓動感を楽しみながらのお散歩も良し、ワインディングを軽快に流すも良し、ゆったりとロングライドも楽しむも良しの懐深さが、幅広いユーザーの魅力になっております。


1078㏄という大排気量の空冷エンジンが発する鼓動感と歯切れの良いサウンドは、このスクランブラー1100の魅力のひとつで、ツーリングやお散歩へ出かけるのが楽しみになる魅力となっております。またシート下に配置される大口径のサイレンサー、Lツインのフロントバンク・リヤバンクから伸びる独特な取り回しのエキゾーストパイプが、デザインの上でも迫力がありこのバイクの魅力を引き立ております。


足回りでは、フロントフォークはマルゾッキ製45㎜径フルアジャスタブル倒立タイプ、リアショックはKYB製プリロード・リバウンド調整機構付きモノショックを装備しております。

フロントブレーキはブレンボ製M4ラジアルマウントモノブロックキャリパー、320mm径セミフローティング・ダブルディスク、ボッシュ製コーナリングABSを装備しております。


リヤの脚元では、ブレンボ製の1ピストンフローティングキャリパー、245mm径ディスクを装備。ボッシュ製コーナリングABSでフロントと連動したブレーキコントロールを発揮致します。

ドリブンスプロケットやチェーンも綺麗で摩耗は少なく、ホイールハブ周辺も含めて隅々まで綺麗な車輛です。


広めに取ったシート上部は、ロングライドなどで疲れにくく、タンデムライドでもパッセンジャーに安心感をもたらせてくれます。

タンクからシートエンドまで続くラインは、ノスタルジックな印象を受けるシンプルなデザイン。

気軽に街中を流すにもオシャレ感があり、普段からの使い易さを感じます。


オプションで装着された、ETC2.0車載器がシート下にございます。インジケーターと受信用アンテナは、キー脇にさりげなく装着されております。


電子制御装置はコーナリングABSとDTC、「アクティブ」「ジャーニー」「シティ」の3種から選べるライディングモードをメーターパネル内の表示をハンドルスイッチで操作して設定、ギアポジション表示機能付き液晶メーター、フルLEDヘッドライト、USB電源ソケット(シート下)など、安全と快適を追求した装備も充実しております。


MOTO CORSE Complete bike DVC-R

Diavel CarbonをベースとしたモトコルセコンプリートバイクDVC。Evoluzione レーシングエキゾーストシステム “Grosso Due”、ドライカーボン製ダッシュボードバイザー・リップスポイラー・コンパクトライセンスプレートサポートキット・ライセンスプレートベースがセットになった 「スタイル」。そして、そのスタイルパッケージをベースに、オールペイント・ハンドルバーレザー巻き・オーダーメイドシート・ドライカーボン製エアダクトカバー・ラジエターカバーを追加した 「デザイン」。

さらにパワートレーンに手を加え、Pistal Racing 鍛造ハイコンプレッションピストン、MOTO CORSEスペシャルシリンダーヘッドワークを施した DVC-R。さらには、BSTのカーボンホイールや、オーリンズのレーシングフォークなどの高性能パーツも装着し、ディアベルカスタムの頂点ともいえるマシンに進化したマシンがこのコンプリートバイクDVC-Rです。

尚、こちらの車輌、ご契約頂きましてご納車の時にはエンジンをオーバーホールしてお納め致します。


独特のオリジナルLEDヘッドライト、カーボン地を生かしたデザインでパールの掛かったシルバーとグロスクリアで仕上げたペイント。

フレームやスイングアーム、エンジンに至るまでチタニウムゴールドパウダーコーティングでリペイントされた車体が質感が高く、美しいのが特徴です。


チタニウムゴールドパウダーコーティングでリペイントされたフレームやスイングアーム、エンジンのカバー類。更に要所要所に配されたDBTデザインのチタニウムフレームプラグなどが、美しさに拍車をかけております。


カーボン地を生かしたグロスクリアとパールのかかったシルバーのスペシャルペイントが、上品でDVC-Rの質感を更に向上させております。


スイングアームは、表面を磨き上げて下地を滑らかにしたうえで、チタニウムゴールドパウダーコーティングでリペイント。見えない所まで、隅々まで行き届いたクォリティーが素晴らしい出来栄えです。


リヤの脚元では極太なホイールをBSTドライカーボン製へと換装して、ドゥカティらしい軽快なハンドリングを更に向上させると同時に、DBT Design ホイールスピンナーを組合せて迫力を演出しております。


チタニウム エキゾースト システム エヴォルツィオーネ グロッソ ドゥエ が組まれており、チタニウム独特の美しい焼け色が現れて質感が素晴らしく、極太のエキゾーストパイプがマッスルな感じで迫力が有ります。


STM製、ドライクラッチコンバージョンキットEvo-GPが組まれており、バックトルクをコントロール。

ハイスピードからのシフトダウンが安心して行え、ワインディングなどの走りを楽しくしてくれます。


フロントブレーキでは、SICOMのセラミックローターと、ブレンボGPタイプレーシングキャリパーを採用。

ブレンボのラジアルブレーキマスターもGPタイプをチョイス。このレーシングマスターとレーシングキャリパーはワールドスーパーバイク世界選手権や、MotoGPで使用されている特別な品で、セラミックローターとの組合せで、MotoGPで世界のトップライダーが味わって居るブレーキコントロールが体感できる逸品です。

クラッチマスターもCNCビレットレーシングを使用、CNCビレットフルードタンクや、ドライカーボン製のレバーを組合せております


 

ブレンボFGRレーシングフロントフォークを採用しております。

キャビテーションやエアレーションを起こさず、優れた応答性を発揮する、最新のツインチューブ構造(TTX機構)を採用しています。更にガスによる加圧式カートリッジが特徴のフロントフォークで、カートリッジ外部のフリーピストンはキャビテーションのリスクを減らし、効果的な減衰特性を維持します。このレーシングフォークを組付ける為に、トップブリッジとアンダートリプルブラケットをCNCビレット削り出しでワンオフ制作、チタン製のアクスルシャフトやアクスルナットなどもワンオフで製作。最後にはアルマイト仕上げを施して精巧なパーツとして組上げております。


ドライカーボン製ダッシュボードバイザー裏と、ハンドルバーには質感を重視したレザーを使用、ライセンスプレートホルダーにはドライカーボン製の、コンパクトライセンスサポートを使用し、シート生地もカーフレザーのスペシャルオーダーメイドシートを採用。STMのクラッチレリーズやCNC削り出しのスプロケットカバー等々、細かな処まで気を配り手の込んだカスタムで仕上がっております。


Ducati Desmosedici RR

デスモセディチRRは、ドゥカティのMotoGPでの経験から得られた、驚異的で豊富なパフォーマンスとテクノロジーを有する史上初のロードゴーイングバイクで、2006年のMotoGP世界選手権で戦ったデスモセディチGP6のレプリカモデルです。エアロダイナミクス&ボディデザインはデスモセディチGP6を忠実に反映しており、強力なエンジンもボルゴパニガーレの工場で製造されたL型4気筒デスモドローミックエンジンです。発売当時新設計の軽量な多機能ダッシュボード(メーターパネル)は、ドゥカティコルセとの共同開発で、後のレーシングマシンGP7にも搭載されております。

デスモセディチGP6と同じフレーム形状を持つスチールトレリスパイプフレームを採用。優れた剛性対重量比を有し、優れた操縦性とライディング精度を得ることが出来ました。更にドライカーボン製のシートフレームは、非常に軽く剛性の高いシャシーと仕上がっております。


テルミニョーニGPエキゾーストキットを装着し、EXACT鍛造ホイールに換装して、17インチサイズを履けるようにカスタム。

ブレーキキャリパー・マスターシリンダー他、数々のカスタムを施した車輛です。(ノーマルパーツも御座います)


チタンコーティングされた、オーリンズFG353Pフロントフォークを採用。ブレーキ回りは330㎜径のAlth GPディスクローター、Brembo  GP4RX ニッケルコートキャリパーにカスタム。


前後にEXACT 鍛造ホイール(6.00-17)をチョイスし、17インチサイズを履けるようにカスタムしております。

リヤブレーキもBrembo スーパースポーツCNCハードアルマイトキャリパーに変更。ドライカーボン製のリヤフェンダーを装着しております。


テルミニョーニ製のGP フルエキゾーストシステムを装着。チタニウムエキゾースト独特の美しい焼け色がSEXYです。


テールカウルからのぞく、テルミエキゾーストが迫力有りますね。


前後スプロケット&チェーンは、520サイズにコンバートして、フリクションの低減を図り、スムーズな走りが得られております。


フューエルキャップは、クイックオープンタイプにカスタムしております。カウルサイドにはさり気なく、でも誇らし気なDESMOSEDICI RRのエンブレムが。


発売当時新設計だった軽量な多機能ダッシュボード(メーターパネル)は、ドゥカティコルセとの共同開発で、後のレーシングマシン GP7にも搭載されております。 淡いブルーのバックライトが美しく、シンプルでとても視認性に優れております。


Ducati 1299 Panigale Superleggera

カーボンモノコックフレームを採用、 世界限定500台、技術とテクノロジーの集大成。

1299 スーパーレッジェーラはドライカーボン製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを標準装備した、世最初のプロダクションバイクで、エンジニアリング・技術・パフォーマンスの宝庫です。これほどのプロダクションバイクを生産したオートバイメーカーはドゥカティ以外には有りません。

ドライカーボン製のフレームとスイングアームは、ホイールと同様に軽量で高剛性を誇り、カウルやシートベース、小物入れに至るまでドライカーボンで出来ており、乾燥重量は156㎏と軽さと仕上がりに拘り抜いたバイクです。

電子制御システムには、6軸慣性測定ユニット(6D IMU)を最大限に活用した新しい電子パッケージを搭載しており、この電子パッケージにはDTC EVO、DSC、DWC、EVOが含まれ、MotoGPマシンに近いバイクコントロールを楽しむ事が出来ます。

パニガーレに初めて登場したドゥカティパワーローンチ(DPL)を搭載しており、このシステムは超高速スタートをフォローし、ライダーはクラッチを繋ぐ事に集中できます。

エキゾーストシステムは、ハイマウント・デュアルサイレンサー付きのフルチタン製アクラポヴィッチエキゾーストが標準装備、更にレースキットにはフルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾーストが同梱されておりました。
軽さに拘り、パワーに拘り、パワーをコントロールする電子制御に拘り、ライディングを安全に楽しめる足回りとブレーキシステムにも拘りを用い、当時のドゥカティファクトリー技術の粋を極めた最高パフォーマンスを備えたマシンが1299 スーパーレッジェーラです。


トップブリッジ下のステム部にチラリと見えるのが、ドライカーボン製のフレーム。シート下に見えるサブフレームもドライカーボン製。


ドライカーボンで包まれた車体の下には、スーパークアドロの最高性能バージョンが搭載されており、1299 スーパーレッジェーラ のデスモドロミックエンジンは11.000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9.000 rpmで14.9 kgmとハイパワー。
SBKレギュレーションに沿った排気量1.198ccのスーパークアドロエンジンを持つホモロゲーションモデル「パニガーレR」と違い、1.285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージに。これまでに製造された市販車の中で、最強で最後のツインエンジンと言えます。足回りもオーリンズFL936フロントフォークやTTX36のリヤショック+チタン製スプリングを採用、ブレンボのM50モノブロックキャリパーや330㎜径のブレンボ製ローターがセットされて、サーキットからワインディングと走りを楽しまれる方には、最高のパッケージとなります。


スーパークアドロ最高性能バージョンのデスモドロミックエンジンは、11.000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9.000 rpmで14.9 kgmを誇ります。1.285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージとして手伝ってツーリングのシーン等でも、トルクフルで余裕の在る走りを楽しむ事が出来ます。


デュアルサイレンサー付きのハイマウント・フルチタン製アクラポヴィッチ エキゾーストが標準装備。同梱のレーシングキットには、フルチタン製アクラポヴィッチ レーシングエキゾーストが付属しており、サーキットでのパフォーマンスをも最大限楽しむ事が出来ます。


フロントフォークには、43㎜径のチタンコートインナーチューブを使用した、オーリンズFL936倒立フォークを採用し、アルミ削り出しのフォークボトムには美しい削り出しのラインが刻まれていて、所有感をくすぐります。


ドライカーボン製の前後ホイールは軽く、回転方向に対しての慣性力も減り、ハンドリングだけでなくブレーキングにも効果絶大。


リヤにはオーリンズTTX36ダンパーに、軽量なチタン製のスプリングをチョイスしており、ここにも拘りのスペシャル感が漂います。


フロントブレーキには、ブレンボ製のM50・ 4ピストン ラジアルマウントモノブロックキャリパーを330mm径セミフローティング・ダブルディスクと組合せ、ボッシュ製コーナーリングABSユニットを採用してコントロールしております。


ドライカーボン製の片持ち式スイングアームを採用、軽さと高剛性の両立を図る。


ブレンボ製のMCS 19-21 ブレーキマスターシリンダーから伸びて来る、リモートレバーアジャスター。走行中に変化してくるブレーキの握り込み量を随時調整する事で、絶妙なブレーキングフィールを味わえ、サーキットユースでは有難い装備となります。


軽さに拘り、細部に渡りドライカーボン製のパーツを使用、軽さ、強度、質感、最高の仕上がりです。


 

MOTO CORSE Complete Bike 1299 SLC

世界限定500台、技術とテクノロジーの集大成である1299 スーパーレッジェーラを MOTO CORSE でコンプリートモデルとして仕上げた逸品です。

1299 スーパーレッジェーラはドライカーボン製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを標準装備した世最初のプロダクションバイクで、ドライカーボンのフレーム・スイングアームは、カーボンホイールと同様に軽量で高剛性を誇り、カウルやシートベース、小物入れに至るまでドライカーボンで出来ており、乾燥重量は156㎏と「軽さと仕上がり」に拘り抜いたバイクです。そしてエキゾーストシステムは、ハイマウント・デュアルサイレンサー付きのフルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾーストを装着しております。

素晴らしいポテンシャルを更に磨き上げるべく、フロント回りを中心にアップグレードしております。オーリンズレーシングフォーク、ブレンボ MotoGP タイプのラジアルマスター、同じくブレンボのMotoGPタイプのレーシングキャリパーや、SICOMのセラミックローター等々。またドライクラッチもSTM ドライクラッチコンバージョンキット Evo-GP へコンバートしており、サーキットやワインディングを駆けるには最高なハードパッケージとなっております。


ひと際存在感を放つ足回りにまず注目して下さい。

まずご紹介するのは、FGR300 オーリンズレーシングフォークです。

キャビテーションやエアレーションを起こさず、優れた応答性を発揮する、最新のツインチューブ構造(TTX機構)を採用しています。更にガスによる加圧式カートリッジが特徴のフロントフォークで、カートリッジ外部のフリーピストンはキャビテーションのリスクを減らし、効果的な減衰特性を維持します。このレーシングフォークを組付ける為に、トップブリッジとアンダートリプルブラケットをCNCビレット削り出しでワンオフ制作、チタン製のアクスルシャフトやアクスルナットなどもワンオフで製作。最後にはアルマイト仕上げを施して精巧なパーツとして組上げております。


ブレーキキャリパーは、MotoGPやワールドスーパーバイク世界選手権のマシンに装着している特別なBremboレーシングキャリパーを採用、STAUBLI (ストーブリ) ブレーキラインクイックコネクターを使用しており、キャリパーのクイックリリースが可能としております。

ブレーキローターには SICOM の320㎜セラミックローターを採用し、絶大なるストッピングパワーとコントロール性能、軽量化に伴う軽快なハンドリングの向上、軽量化した320㎜径のブレーキローターが生み出す、慣性モーメントの低減で、ブレーキ性能やハンドリングの向上に繋がっております。


抜群のコントロール性を発揮する、Brembo MotoGPモデルのラジアルブレーキマスター。CNCビレット削り出しのスイッチユニット。Brembo MotoGPモデルのクラッチマスターも装備しております。


リヤサス周りでは、CNC ビレット アルミニウムリア・サスペンション リンクキットを装備しております。

CNCビレット削り出しの美しい質感、車高調整機構の摺動性能の向上が図れます。


ハイマウント・デュアルサイレンサー付きのフルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾースト。

チタニウムエキゾーストシステム特有の美しい焼き色と、迫力が有りかつ軽快なサウンドが高揚感へ誘ってくれます。


STM ドライクラッチコンバージョンキット Evo-GP タイプが装着されております。

これにより、サーキットやワインディングなどで、ドゥカティ特有の強力なバックトルクをコントロールしてくれるので、ハイスピードでのコーナー進入などで安心したシフトダウン、マシンコントロールが楽しめます。


1299 スーパーレッジェーラの標準装着であるドライカーボンホイールはBST製。これだけ大きな外径の個体がドライカーボンで軽量と成ると慣性モーメントが少なく、ブレーキングでもハンドリングでも、非常に良い効果が得られます。

チェーンやスプロケットも摩耗少なく、とても良い状態と言えます。


ドライカーボンで包まれた車体の下には、スーパークアドロの最高性能バージョンが搭載されており、1299スーパーレッジェーラのデスモドロミックエンジンは11.000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9.000 rpmで14.9 kgmとハイパワー。
SBKレギュレーションに沿った排気量1.198ccのスーパークアドロエンジンを持つホモロゲーションモデル「パニガーレR」と違い、1.285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージに。これまでに製造された市販車の中で、最強で最後のツインエンジンと言えます。


MOTO CORSE オリジナルのCNC ビレット ラジアルブロック スクエアエッジコンセプト ライディングフットペグが装着されており、質感の向上はもとより、削り出しによる滑り難い加工が為されているのと、上面はなだらかな半円を描く形状で、ツーリングなどでも疲れにくい仕様と成っております。


その他、MOTO CORSE オリジナルパーツの人気アイテムである、チタニウムプロテクションスクリーンがラジエータ部とオイルクーラー部に装着、DBT Design チタニウム ハンドルバーエンドウェイト、カーボン コンパクトライセンスプレートサポート セットカーボン ライセンスプレートベースが装着されております。


元々多くのボルト類をチタンボルトを採用して装着しているスーパーレッジェーラですので、そのままでも十分軽量で仕上も綺麗な箇所に更にアップグレードで、DBT Design チタニウムボルトを各所に採用しており、輝きが増して御座います。


Ducati 1199 Panigale Superleggera

2014年に世界限定500台のみが販売され、マグネシウム製のモノコックフレーム、ドライカーボン製のフェアリングとリヤのシートフレームを採用。更にエキゾーストシステムや車体各部のナットやボルトに至るまで、随所にチタン合金やアルミを使用しております。
エンジン内部にも手が加えられ、SBKマシンと同じピストントップ形状を採用、燃焼室形状なども見直す事で、最高出力は 200HPを発生。乾燥重量は155kgまでに抑えられていたので、パワーウェイトレシオは、驚異的な0.775kg/HPを誇ります。
電子制御システムとしては、加速時における前輪の浮き上がりを制御するウイリーコントロール(DWC)が追加され、DAA+(データアナライザー)には、コーナリング時のバンク角も記録できるようになっております。
フロントフォークはオーリンズのFL916、リヤショックはオーリンズTTX36を採用しております。

そのスペシャルなバイクを更にカスタムして仕上げた「スーパーレッジェーラ」がこちらのマシンです。


Leggeraはイタリア語で「軽い」の意味を持つ言葉。

Superleggeraは軽さにとことん特化したマシン、スポーツバイクにとって「軽さ」は抜群のアドバンテージを持つことでもあります。

サーキットではもちろんの事、ワインディングなどを飛ばすときにも、軽快なハンドリングと抜群の操作性を備えます。パワーウエイトレシオにも大きく貢献、またブレーキング時にも軽さは武器になります。


ブレンボのCNC削り出しキャリパーキットへのチェンジ、ブレンボTドライブレーシングローターへチェンジと。リヤキャリパーも含めてブレーキ回りを更にアップロードしたカスタムが施されております。


ドゥカティスーパークアドロ 水冷L型2気筒 4バルブ、デスモドロミック エンジンを搭載。

三菱電機製電子制御燃料噴射、ツインインジェクター、楕円形スロットルボディ、フルライド・バイ・ワイヤシステムを採用し、本国仕様の最高出力は 200HPを発生。乾燥重量は155kgまでに抑えられていたので、パワーウェイトレシオは、驚異的な0.775kg/HPを誇ります。


フロントフォークはオーリンズ製FL916 43mmチタンコート・フルアジャスタブル倒立フォーク。

リヤサスはオーリンズTTX36、フルアジャスタブル・モノショックにチタニウムスプリングを組合せたスペシャルな足回りを採用しております。


レーシングキットで同梱されていた、アクラボビッチチタニウムエキゾーストシステムを装着しており、フルパワー化も図られております。


チラリとのぞく、マグネシウム製のモノコックフレーム。ドライカーボン製のフェアリングとリヤのシートフレームを採用。更にはチタンボルトやチタンバルブなどを採用し、徹底した軽量化と高剛性を計っております。


前後のホイールには、マルケジーニ製のマグネシウム鍛造ホイールを採用、足元の軽量化はハンドリングやブレーキングに大きく貢献しており、ワインディングやサーキットなどで本領発揮致します。


FARのLED内臓ミラーや、ラジエターコアガード、ドゥカティパフォーマンス製のショートナンバーサポートなど、随所にカスタムがなされております。


Ducati 1199 Panigale Superleggera

2014年に世界限定500台のみが販売され、マグネシウム製のモノコックフレーム、ドライカーボン製のフェアリングとリヤのシートフレームを採用。更にエキゾーストシステムや車体各部のナットやボルトに至るまで、随所にチタン合金やアルミを使用しております。
エンジン内部にも手が加えられ、SBKマシンと同じピストントップ形状を採用、燃焼室形状なども見直す事で、最高出力は 200HPを発生。乾燥重量は155kgまでに抑えられていたので、パワーウェイトレシオは、驚異的な0.775kg/HPを誇ります。
電子制御システムとしては、加速時における前輪の浮き上がりを制御するウイリーコントロール(DWC)が追加され、DAA+(データアナライザー)には、コーナリング時のバンク角も記録できるようになっております。
フロントフォークはオーリンズのFL916、リヤショックはオーリンズTTX36を採用、ブレンボのM50モノブロックキャリパーなどが奢られ、室内保管用の専用バイクカバーや、レーシングスタンドも車輛のパッケージとしてセットされております。


Leggeraはイタリア語で「軽い」の意味を持つ言葉。

Superleggeraは軽さにとことん特化したマシン、スポーツバイクにとって「軽さ」は抜群のアドバンテージを持つことでもあります。

サーキットではもちろんの事、ワインディングなどを飛ばすときにも、軽快なハンドリングと抜群の操作性を備えます。パワーウエイトレシオにも大きく貢献、またブレーキング時にも軽さは武器になります。


スーパークアドロ L型2気筒 4バルブデスモドロミック 水冷エンジン搭載。


フロントブレーキには、ブレンボ製M50、4ピストン ラジアルマウント モノブロックキャリパーに、330㎜径セミフローティングダブルディスクを装備。リヤショックはオーリンズTTX36にチタン製のスプリングを組み合わせた、スペシャルな仕様で、強力なストッピングパワーと抜群のコントロール性を発揮します。


前後に装着しているのは、マルケジーニ製のマグネシウム鍛造ホイール。

抜群の精度と軽さを誇ります。


マグネシウム製のモノコックフレーム、ドライカーボン製のフェアリングとリヤのシートフレームを採用。

各部のカバー類も全てドライカーボン製


アクラボビッチ製のチタニウムエキゾーストシステムが標準装備、アクラボビッチ、チタニウムレーシングエキゾーストが同梱にて付属します。


Ducati 1299 Panigale Superleggera

1299 スーパーレッジェーラはドライカーボン製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを標準装備した、世最初のプロダクションバイクで、エンジニアリング・技術・パフォーマンスの宝庫です。これほどのプロダクションバイクを生産したオートバイメーカーはドゥカティ以外には有りません。

ドライカーボン製のフレームとスイングアームは、ホイールと同様に軽量で高剛性を誇り、カウルやシートベース、小物入れに至るまでドライカーボンで出来ており、乾燥重量は156㎏と軽さと仕上がりに拘り抜いたバイクです。

電子制御システムには、6軸慣性測定ユニット(6D IMU)を最大限に活用した新しい電子パッケージを搭載しており、この電子パッケージにはDTC EVO、DSC、DWC、EVOが含まれ、MotoGPマシンに近いバイクコントロールを楽しむ事が出来ます。

パニガーレに初めて登場したドゥカティパワーローンチ(DPL)を搭載しており、このシステムは超高速スタートをフォローし、ライダーはクラッチを繋ぐ事に集中できます。

エキゾーストシステムは、ハイマウント・デュアルサイレンサー付きのフルチタン製アクラポヴィッチエキゾーストが標準装備、更にレースキットにはフルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾーストが同梱されておりました。
軽さに拘り、パワーに拘り、パワーをコントロールする電子制御に拘り、ライディングを安全に楽しめる足回りとブレーキシステムにも拘りを用い、当時のドゥカティファクトリー技術の粋を極めた最高パフォーマンスを備えたマシンが1299 スーパーレッジェーラです。


ドライカーボンで包まれた車体の下には、スーパークアドロの最高性能バージョンが搭載されており、1299 スーパーレッジェーラ のデスモドロミックエンジンは11,000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9,000 rpmで14.9 kgmとハイパワー。
SBKレギュレーションに沿った排気量1,198ccのスーパークアドロエンジンを持つホモロゲーションモデル「パニガーレR」と違い、1285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージに。これまでに製造された市販車の中で、最強で最後のツインエンジンと言えます。足回りもオーリンズFL936フロントフォークやTTX36のリヤショック+チタン製スプリングを採用、ブレンボのM50モノブロックキャリパーや330㎜径のブレンボ製ローターがセットされて、サーキットからワインディングと走りを楽しまれる方には、最高のパッケージとなります。


スーパークアドロ最高性能バージョンのデスモドロミックエンジンは、11,000 rpmで215馬力を発生、最大トルクも9,000 rpmで14.9 kgmを誇ります。1285㏄という、余裕の在る排気量もアドバンテージとして手伝ってツーリングのシーン等でも、トルクフルで余裕の在る走りを楽しむ事が出来ます。


デュアルサイレンサー付きのハイマウント・フルチタン製アクラポヴィッチエキゾーストが標準装備。同梱のレーシングキットには、フルチタン製アクラポヴィッチレーシングエキゾーストが付属しており、サーキットでのパフォーマンスをも最大限楽しむ事が出来ます。


フロントフォークには、43㎜径のチタンコートインナーチューブを使用した、オーリンズFL936倒立フォークを採用し、アルミ削り出しのフォークボトムには美しい削り出しのラインが刻まれていて、所有感をくすぐります。


ドライカーボン製の前後ホイールは軽く、回転方向に対しての慣性力も減り、ハンドリングだけでなくブレーキングにも効果絶大。


リヤにはオーリンズTTX36ダンパーに、軽量なチタン製のスプリングをチョイスしており、ここにも拘りのスペシャル感が漂います。


フロントブレーキには、ブレンボ製のM50・ 4ピストン ラジアルマウントモノブロックキャリパーを330mm径セミフローティング・ダブルディスクと組合せ、ボッシュ製コーナーリングABSユニットを採用してコントロールしております。


ドライカーボン製の片持ち式スイングアームを採用、軽さと高剛性の両立を図る。

ドライヴチェーンやスプロケットも摩耗少なく綺麗です。


ブレンボ製のMCS 19-21 ブレーキマスターシリンダーから伸びて来る、リモートレバーアジャスター。走行中に変化してくるブレーキの握り込み量を随時調整する事で、絶妙なブレーキングフィールを味わえ、サーキットユースでは有難い装備となります。


ラジェター&オイルクーラーコアを守る、コアガードにはモトコルセオリジナルのチタニウムプロテクションスクリーンを装備、ハイパワーなエンジンには電動ファン作動時の風量確保は重要。

このプロテクションスクリーンは、風量を落とすこと無くしっかりと冷やしてくれます。


見やすいTFTフルカラーの液晶メーターメーターパネルを採用。

また、タコメーターのバーグラフ表示もシンプルで見易い仕様となっております。