Ducati 998 R

2002年に発売された998Rは、998Sよりもボアを104㎜に広げ、ストロークを短く58.8㎜に設計されたパワーユニット「テスタストレッタ」で、2001年に限定発売された996Rに初めて搭載されました。

1994年の916から搭載されたデスモクワトロエンジンは大規模なモデルチェンジを行い、デスモドロミックバルブギヤを再配置、カムシャフトを近づけてバルブの角度を狭く設計。燃焼効率の向上を計るうえで、燃焼室の形状を改善する必要不可欠な設計でした。更にテスタストレッタはショートストロークアーキテクチャを採用する事でより高回転を実現、ビックバルブ化する事をも可能にしております。また、ワールドスーパーバイクシリーズを戦うストレスに対処するよう、クランクケースを強化して設計されております。

998Rは当時のスーパーバイクファクトリーレーサーにしか見られないコンポーネントに溢れており、チタンコーティングされたインナーチューブのオーリンズ製フロントフォーク、フル調整が可能のオーリンズ製リヤショックを採用。ドライカーボン製のテールセクション、ロワーカウル、エアボックス、フロントフェンダーなどの軽量化パーツ、レーシング4枚パッドを使用したブレンボ製キャリパーを採用して、抜群のブレーキコントロールを可能として居りました。


タンブリーニがデザインし、進化し続けて来た916シリーズの最高峰、今や市場に出る事も殆ど見られなくなってきた998Rです。

美しいデザインと設計&スペックの素晴らしさ等から、不動な人気のバイクです。さらにこちらの車輌は、MOTO CORSEのエキゾーストシステムの他、ポイントを押さえたセンスの良いカスタムが施されております。

前後のホイールを、マルケジーニ鍛造アルミホイールに変更。オリジナルのマルケジーニ5本スポークホイールから、イメージチェンジと軽量化を実現しております。


STM製のクラッチレリーズピストン、SBKタイプのSTMスリッパークラッチへの変更で、ギヤダウンによる減速時のバックトルクをコントロールし、コーナーへのアプローチを改善。更に当時のスーパーバイク・ファクトリーレーサーに近づく、Ducati カスタムの王道をチョイスした事などで、オーナーの所有感をくすぐります。


エキゾーストシステムは、軽量なMOTO CORSE エヴォルツィオーネチタニウムエキゾーストシステムを装着。高い位置にある重量物のサイレンサーを軽量化して得られるハンドリングの向上、美しいチタニウムエキゾーストの輝き、アクセルレスポンスの向上、何よりもドゥカティらしい歯切れの良いエキゾーストサウンドが、得られる事で走りの楽しさが増してくるカスタムポイントとなっております。


ゴールドのアウターチューブと、摩擦係数を減らす事で、動作性を向上させたチタンコートインナーチューブ採用のオーリンズ製フロントフォーク、軽量で美しい織を見せるドライカーボン製フロントフェンダー、抜群の制動力を誇った、4枚PADを採用したブレンボ製ブレーキキャリパーを純正で装備。

大切なラジエターコアを守り、アイドリング時等で、電動ファンの風量を妨げず余計な水温上昇を抑える、MOTO CORSE製のチタニウムプロテクションスクリーンをオプション装着しております。


ステップは滑りやすい純正品からCNC削り出しのステップキットに変更、アルミ地の輝きも所有感を刺激してくれます。


ドライカーボン製のロワーカウルやガソリンタンクなどの塗装も美しく、非常に良いコンディションを保っております。


フル調整のオーリンズ製リヤダンパーは純正装備。セッティングに使い易い車高調整用のロッドも見えます。


ゴールドのチェーンや、スプロケットもオリジナルより交換されてます。


このレーシーなメーター回りは普段から常に目に入る箇所なので、重要で気分を上げてくれます。


Ducati 1199 Panigale S

オーリンズ製の前後サスペンションが装着されるDucati 1199パニガーレSは、ドゥカティ・エレクトロニック・サスペンションの電子制御を装備。フルカラーTFT液晶ディスプレイの画面操作だけでダンピング性能を変更できる、ライディングモードとも連動しており、レース・スポーツ・ウエットなどのモード選択で、エンジン特性と連動してコントロールする事が出来ます。また、プリロードについてはマニュアルで好みのセッティングも可能です。

また、前後のホイールはマルケジーニ製の鍛造アルミホールを採用、車体の軽量化と共に、軽快なハンドリングを生み出し、またカーボンフェンダーなどと共に、所有感を満たす上質な装備となっております。

こちらの車輛は、AELLA製のステップ以外はスタンダードを保っており、オリジナルを楽しみたい方、オーナー様の好みに仕上げて行きたい方へお薦めの1台です。走行距離も少なく大切にされてきた車輛は隅々までとても綺麗です。


ヘッドライトはフルLED化されており、とても明るく夜間走行を安心して走れる装備、しかもこの独特のパニガーレフェイスを印象付けてくれます。


前後のホイールは、超軽量で鍛造及び機械加工で仕上げた「マルケジーニ鍛造アルミホイール」を装備。

車体の軽量化と共に、軽快なハンドリングを生み出してくれます。


強力なエンジンパワーにはそれに見合う、強力なブレーキが必要。330mm径のセミフローティングダブルディスクと、ブレンボ製M50 4ピストン ラジアルマウント モノブロックキャリパーを装備しております。


オーリンズTTX電子制御サスペンション、オーリンズ製チタンコート43㎜径の電子制御フロントフォークと共にDESで制御され、エンジンパワーと連携してステージや走りの好みに合わせたセッティングを容易にしております。


Ducati Panigale 1199Sに搭載されるエンジンは、スーパークアドロ L型2気筒 4バルブデスモドロミック 水冷エンジンで、日本仕様の最大出力で、135hp / 8,000rpm 、最大トルクで11.1kgm  / 8,000rpm を発揮します。

乾燥重量170.5kgの軽量な車体と共に、パワフル且つコントローラブルな走りを味わうことが出来ます。


唯一カスタムされている箇所が、左右のステップ。「AELLA」製の削り出しのステップキットを装備、ポジションなどの微調整を可能にしております。


フロントカウルから、ガソリンタンク、シートカウルにかけて、目立つような大きな傷は在りません。

若干の磨き傷や、保管されていた時に着いたであろう、目立ない擦り傷が少し見受けられますので、ご容赦下さい。


見易く明るいTFTフルカラー液晶メーターパネル。電子制御のコントロールパネルとしても集約されております。


Ducati Streetfighter V4S ダークステルス

2021年よりストリートファイターV4SにNewカラー「ダークステルス」が加わり語源である「ファイトフォーミュラ」のイメージが更に強くなったモデル。元々スーパーバイクであるPanigale V4からカウルを取り去り、バーハンドルを装着したモデルで、軽量な車体に加えて強力なエンジン、バイ・プレインウイングに代表される優れたエアロダイナミクス、先進の電子制御デバイスなどが組み合わさり最強のネイキッドバイクに仕上がっております。オーリンズ製セミアクティブサスペンション、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールなどが採用され、更なるパフォーマンスアップと同時にコンフォート性も向上しております。

ETCの装着や、MOTO CORSEオリジナルのラジエーターコアガードがオプション装着されており、ほぼオリジナルの上質な車輛です。


スーパーバイクであるPanigale V4譲りの1,103ccデスモドロミックV4「 Desmosedici Stradale 」エンジンを搭載。ネイキッドモデルとしてはトップクラスの最高出力208hp、最大トルク12.5kgmを発揮します。それでいながら先進の電子制御によりストリートでも非常に扱いやすくなっており、余裕の在るパワーがワインディングや高速走行を快適にしてくれます。


ストリートファイターV4Sのマスクは独特のフェイス。2021年からのNewカラー「DARKステルス」は、シャープな印象が更に強くなり、ハイパワーネイキッドスポーツの印象がより濃くなりました。また、ネイキッドモデルには珍しく優れた空力性能を誇り、空気の壁を切り裂きます。バイ・プレインウイングは270km/hで走行時に28kgのダウンフォースを発生させると同時にラジエータとオイルクーラーの冷却効率も向上させております。


マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを前後に標準装備しており、純正採用のアルミホイールの中ではトップクラスの軽さ。この軽さがストリートファイターの真骨頂、ネイキッドスポーツたる所以の軽快なハンドリングに貢献しております。


フロントフォーク、リアショック、ステアリングダンパーにはBosch製6軸センサーと統合された第2世代のオーリンズセミアクティブサスペンションが装備され、フロントフォーク、リヤショック、ステアリングダンパーの特性を車輌の走行状態に応じてリアルタイムで変化させることで優れたハンドリングと安定性を両立させております。ディスプレイ上で細かなセッティングが行え、ダンパー特性のアクティブ / 非アクティブ(固定ダンパー特性)の設定も可能です。

ハイパワーなエンジンには大型のラジエターやオイルクーラーを搭載しております。

エンジン冷却に重要なラジエーターコアを守るガードも非常に大切。

この車輛ではMOTO CORSE製のチタニウムプロテクションスクリーンがオプション装着されております。

このチタニウムプロテクションスクリーン、あえて高価なチタニウムを使用したのは、現存する金属で最も腐食がし難いチタニウムを使用する事で、永きの使用にその機能と美しさを保ちます。


前後スプロケットはレーシングホモロゲーションモデルのPanigale V4 Rと同様の丁数で、Panigale V4よりも加速寄りの設定となっております。これもきびきびとした走りを楽しめる要因の一つです。

チェーンやスプロケット、リヤディスク回りの美しさを見ても、この車輛の上質さが伺えます。


他にもオプション装着として、ドゥカティパフォーパンス製のタンクパットを上部とサイド部に装着しており、デザインもカッコ良くスポーツライディングに欠かせないアイテムとしても有難い装備品です。


視認性の良いTFT液晶フルカラーメーター。
メーター上で前後サスペンションやABS、トラクションコントロールなどの電子制御デバイスのセッティングが可能です。また操作性の良いセッティングボタンもポイントです。


バーハンドルを採用したアップライトなライディングポジションに合わせてPanigale V4よりも下げられたステップ位置となっております。滑り止めのローレット加工が施されたアルミ削り出しステップバーも標準装備しております。


パニガーレV4、ストリートファイターV4ともに、エンジン下部に纏まったデザインのエキゾーストを装備しております。

ドゥカティらしいパンチの効いた元気の良いサウンドを奏でると共に、走行時回転が上がると排気バルブが作動して音量が下がる機構を備えており、快適なライディングを楽しめます。


 

Ducati Diavel AMG Special Edition

「ハイパフォーマンス・モータースポーツ・エキサイティング」という共通のブランド価値を発展させるため、2011年にAMGとパートナーシップを結んだドゥカティは、2012年のディアベルフラッグシップモデルとして、AMGラグジュアリ―スポーツブランドをオマージュしラインナップした。

ベース車はディアベルカーボンで、5ツインスポークホイール、カーボン製サイドラジエーターグリル、エンドキャップ付き AMGスタイル・スポーツエグゾーストシステム、アルカンターラメッシュレザー素材のAMGスタイル・スポーツシートなどを装着して、特別な装いとし、ダイヤモンドホワイトッブライトのカラーリングと組合せ、AMGとしての差別化を図っている。


パワートレインは、Lツイン、テスタストレッタエボルツォーネエンジンとし、最大出力162PS/9500rpm 最大トルク13.0kgf-m/8800rpmを発生。デスモドロミック・カムタイミングをハンドワークで精密調整されており、エンジン担当メカニックの名前がエンジンケース左側に刻まれている。


前後のホイールは専用の5本足ツインスポークホイールを装着。

リヤは240/45R17を収めるワイドで深いリムが存在感を醸し出している。


フロントのブレーキキャリパーはブレンボのモノブロックを使用、大柄な車体を軽々と減速させるストッピングパワーを持っている。


随所に誇らしく配置されている、AMGの証。


また、カーボンパーツなどのチョイスも施されており、特にリヤスタイルは240サイズのタイヤ幅が強調されt、迫力あるリヤスタイルとなっている。


ツーリングなどの使用には不可欠な、スマートフォンをマウントするべく、MOTO CORSEユニバーサルマウントシステムを装備。

USB電源も装着しており、ワンタッチでスマートフォンを取付。ナビとして使用できる。


Ducati Multistrada 1260 S PikesPeak

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースの参戦マシンレプリカ、ムルティストラーダ1260S PikesPeakはSバージョンながら、セミアクティブではなく、あえて機械式のオーリンズ製サスペンションを採用。フロント48mm径のチタンコートフルアジャスタブル倒立フォーク、リアにはTTX36フルアジャスタブルモノショックが奢られる。


サイレンサーはカーボン外装のテルミニョーニで、ロータイプのレーシングスクリーンもカーボンファイバー製。もちろん好みの高さに上下する調整機構を採用している。

電子制御はサスペンションを除きベースモデル同様、コーナリングABS、トラクションコントロール、ウイリーコントロール、クルーズコントロールなどを搭載しクイックシフターも採用。


フロントブレーキにはブレンボのM50モノブロックキャリパーにArthの5.0㎜ブレーキローターを組合せ、抜群の制動力とコントロール性。赤のアルマイトインナーディスクで足元をお洒落にを演出しています。

人気のMOTO CORSE製のアクスルスライダーも装備してます。


走りのフィーリングを大きく左右するサスペンションは、電子制御のセミアクティブではなく、あえて好みに調整できるフロント48mm径のチタンコートフルアジャスタブルオーリンズ倒立フォーク、リアにはTTX36フルアジャスタブルサスペンションをチョイス。


Euro4をクリアしたドゥカティテスタストレッタDVTエンジンは、最高出力 158ps/ 9500rpm、最大トルク13.2kgf・m/7500rpmを誇ります。更に3500rpm以下の回転域で既に最大トルクの85%を発揮するので、高めのギヤでもグイグイと力強くワインディングを駆け抜けられます。


カーボンファイバー製のレーシングスクリーンは、上下にスライドする事が出来るので、ワインディングを軽快に走る時、高速道路を巡行する時など、TPOに合わせて調整することが可能です。


視認性に優れた、5インチのTFTフルカラーディスプレイとイルミネーションが美しい、バックライトの付いたハンドルバースイッチが使い易い上に、オプション装備したMOTO CORSE製のユニバーサルマウントシステムを装着、スマホホルダーを組合せる事で、手軽にカーナビを使うことが可能です。


ノーズ内側のオイルクーラーやラジエーターのコアガードとしては、MOTO CORSE製のチタニウムプロテクションスクリーンをオプション装備。石跳ねなどからラジエーターを守ってくれます。


CNCビレットタンクキャップ・カーボンハンドルバー・DBTデザインチタンOILフィラーキャップなど、センスの良いオプションが盛りだくさん。

左右のステップペグもMOTO CORSE製のビレットラジアルブロックペグに変更。

踏ん張りが効き、ツーリングでも疲れにくくカッコいい装備となっております。


Ducati Monster 797

トルクが有り鼓動感が楽しい空冷2気筒の扱いやすい803㏄の軽量な空冷エンジン搭載で、愛らしい丸く独特のタンクと、赤いトレリスフレームが特徴的なモンスター797。
軽くコンパクトで取回しやすい車体と、扱いやすい軽快なハンドリングでドゥカティ初心者にも人気のミドルクラス。BOSCH製のABSも搭載しており、Bremboのラジアルマウントモノブロックキャリパーとの組合せは、とても安心できる安全装備です。

ツーリングなどに便利なETCやUSB電源を装備、大型免許を取得したばかりの方や、リターンライダー・女性ライダーにお薦めです。


803㏄、最大出力75hp – 55kW/8,250rpm、最大トルク7.0kgm – 68.9Nm/5,750rpm(日本仕様)軽量の車体とのマッチングも良く、市街地から高速道、ワインディングまで軽快に走れます。2-1システムで、アルミ製カバー付きシングル・ステンレススチール製マフラー採用で、ドゥカティ独特の「ドコドコ」サウンドが楽しいです。


フレーム同様Rossoカラーの軽量なアルミキャストホイールを装備、ブレンボ製のキャリパーとBOSCH製のABSを搭載したブレーキシステムは、320 mm径セミフローティング・ダブルディスクとの組合せで、安心感抜群の安全装備。


普段より目に入るメーターパネルは、見やすく明るい液晶パネルで、大型のヘッドライトは夜間でのライディングにはとても頼りになる、クリアで明るいライト。


シート下には高速道路や有料道路で便利なETCを装備、またUSB電源も装備しておりますので、スマホの充電などにも便利です。


独特の丸いタンクには、可愛らしく控えめな797のロゴとトリコローレがあしらわれております。


Ducati Streetfighter V4 R

パニガーレ V4 R をベースにMOTO CORSE でカスタム、ストリートファイターV4 Rとして変貌。

更にオーリンズレーシングフォークFGRを装着、前後ホイールもBSTカーボンホイールに換装。

最高品質のカスタムパーツ・レーシングパーツを惜しげもなく採用しているスペシャルバイク。


パワートレインはもちろんV4 Rの強力な90度V型4気筒、排気量998㏄。

15250rpmで162Kw/221PS、11500rpmで112N・m /11.4kgf・mを発揮するデスモセディチ・ストラダーレを搭載。

V4Rがベースですので、STMのエヴォルツィオーネレーシングスリッパークラッチが標準装備です。


フロントはオーリンズレーシングフォークFGR をチョイス。

抜群の路面追従性と剛性がスティディなハンドリングを約束してくれます。

リヤは油圧リモートスプリングプリロード調整アジャスターを組んだオーリンズTTXを採用したことで、走りのステージに合わせてプリロードをリニア調整できます。

調整ノブにはCNCビレットプリロードアジャスタダイアル、ブラックアルマイトを採用。


brembo レーシングローターに換装して、キャリパーも特別なbrembo Racing。

GPマスターと相まって、抜群のブレーキフィールを誇ります。


ブレーキマスターシリンダーは brembo Racing GPタイプ、クラッチ側もラジアルマスタに換装しております。

MotoGPマシン並みの抜群なブレーキフィーリング、コーナー侵入時へのコントロール性が向上して、ライディングが楽しくなります。


前後のホイールは「BST Rapid TEK Carbon Fiber Wheel」へ換装しており、軽快なハンドリングをもたらすと共に、ストリートファイターV4 Rの足元を引き締めます。


ハンドルバークランプ部にはMCユニバーサルマウントシステムマウントベースとスマートフォンフォルダーと装着。

お手持ちのスマートフォンをセットして、グーグルナビなどを使用できるなど、ツーリングユースにも対応。


視認性の良いTFT液晶フルカラーメーター。
メーター上でモード切替はもちろんエンジン特性やトラクションコントロール、エンジンブレーキの強さ、各種電子制御デバイスのセッティングが可能です。


マジカルレーシングNK1ミラー、エキゾーストガード、MCライセンスベースなどのドライカーボンパーツも満載。


DBT Design チタニウムバーエンドやチタニウムOILフィラーキャップ。


CNC ビレットフットペグ、CNC ブレーキ&クラッチフルードタンク、CNC ビレットフューエルタンクキャップ

など、マニア垂涎のカスタムパーツがあちらこちらに組んであります。


Ducati Monster 696

表情を一変させるヘッドライト&アッパーカウル


今でも高い人気を誇るモンスター696のカスタム車輌が入荷致しました!!
空冷4ストロークデスモドロミック2バルブエンジンを搭載しております。

 

 

 

目玉カスタムとしてオーリンズ製フロントフォーク&リアショックが装着されております。

 

 

ブレンボ製ラジアルブレーキマスターに削り出しブレーキキャリパーを装着。
フロントブレーキディスクはアルト製を装着しており、まさに玄人好みのカスタムになってます。

 

 


 

Ducati Streetfighter V4 S

Ducati Streetfighter V4は「ストリートファイター」という名の通り、スーパーバイクであるPanigale V4からカウルを取り去り、バーハンドルを装着したモデルです。軽量な車体に加えて強力なエンジン、バイ・プレインウイングに代表される優れたエアロダイナミクス、先進の電子制御デバイスなどが組み合わさり最強のネイキッドバイクに仕上がっております。「S」ではオーリンズ製セミアクティブサスペンション、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールなどが採用され、更なるパフォーマンスアップと同時にコンフォート性も向上しております。

 


ジョーカーフェイス

コンパクトなフルLEDヘッドライトを採用したフロントフェイスはアメリカンコミックのダークヒーロー ジョーカーをイメージしております。

 

バイ・プレインウイング

270km/hで走行時に28kgのダウンフォースを発生させると同時にラジエータとオイルクーラーの冷却効率も向上させます。

 

ライディングシート

肉厚なシートは長時間のライディングでも快適です。

 


視認性の良いTFT液晶フルカラーメーター。
メーター上で前後サスペンションやABS、トラクションコントロールなどの電子制御デバイスのセッティングが可能です。また操作性の良いセッティングボタンもポイントです。

 


 

 

スーパーバイクであるPanigale V4とほぼ共通の1,103ccデスモドロミックV4「 Desmosedici Stradale 」エンジンを搭載。ネイキッドモデルとしてはトップクラスの最高出力208hp、最大トルク12.5kgmを発揮します。それでいながら先進の電子制御によりストリートでも非常に扱いやすくなっております。

 

前後スプロケットはレーシングホモロゲーションモデルであるPanigale V4 Rと同様の丁数となっており、Panigale V4よりも加速寄りの設定となっております。これもきびきびとした走りを楽しめる要因の一つです。

 


 

 

フロントフォーク、リアショック、ステアリングダンパーにはBosch製6軸センサーと統合された第2世代のオーリンズセミアクティブサスペンションが装備されています。

フロントフォーク、リヤショック、ステアリングダンパーの特性を車輌の走行状態に応じてリアルタイムで変化させることで優れたハンドリングと安定性を両立させております。ディスプレイ上で細かなセッティングが行え、ダンパー特性のアクティブ / 非アクティブ(固定ダンパー特性)の設定も可能です。

 


 

マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを標準装備しております。純正採用のアルミホイールの中ではトップクラスの軽さを誇ります。

 


 

バーハンドルを採用したアップライトなライディングポジションに合わせてPanigale V4よりも下げられたステップ位置となっております。滑り止めのローレット加工が施されたアルミ削り出しステップバーも標準装備しております。

 


 

フロントブレーキキャリパーにはbrembo製Stylemaモノブロックキャリパーが採用されております。M50キャリパーと比べて小型軽量化と高剛性化、放熱性が向上しており、サーキット走行などの激しいライディングでも安定した性能を発揮します。Panigale V4とは異なりスポーツ性と耐摩耗性をバランスさせたブレーキパッドが装備されております。

 


 

Ducati Panigale V4 S

MotoGP由来のエンジン

デスモセディチ・ストラダーレエンジンは、MotoGPマシンに搭載されているV型4気筒エンジンのシリンダー・ヘッドを中心に設計されました。
1103㏄ 最高出力214ps 最大トルク12.6kgm

 


 

ウイングレットが搭載された2020年モデル

 


 

パニガーレV4Sにはオーリンズ製NIX30フォークとオーリンズ製TTX36リア・ショック・アブソーバーが装着されております。第2世代の電子コントロールシステム、オーリンズ製Smart EC 2.0システムを搭載!


 

ドゥカティパフォーマンス製アンチスリップ タンクサイドパッドを装着しております。
2020年モデルからプログリップが標準採用されております。

 


 

こちらの車輌は試乗も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。