MV AGSUTA BRUTALE 750 S

こちらで紹介するブルターレは18年も経過しているとはとても思えない、非常に良いコンディションを保っている1台です。更にプラスチックパーツをドライカーボン等のパーツに交換、オリジナルの良いところを崩さぬセンスの良いカスタムを随所に施してる車輛です。

ストリートファイターの元祖と云うべきモデルで、アップライトなポジションのネイキッドで在りながら、スーパースポーツのような走りも可能です。気軽に街乗りする事はモチロン、峠やワインディング、サーキットを楽しんだり、ロングツーリングも楽しめるオールラウンダーです。

大型二輪免許を取得予定の方、セカンドバイクを検討中の方、とにかくバイクを走らせるのが好きな方、皆さんにお薦めできるバイクです。


奇才タンブリーニがデザインしたMVアグスタ ブルターレは、MVアグスタF4シリーズの車体構成における基本的な特徴を生かしながら、攻撃的デザインで個性的なスタイルが魅力です。発表当時、後発のメーカーがデザインを真似て来た事でもセンセーショナルさを伺えます。


ブルターレシリーズのエンジンは、よりトルクフルなエンジン特性を得るために、カムシャフトにおけるバルブタイミングの変更などが施されています。ご覧のように隅々まで綺麗で状態の良い車輛です。


発売当時ハイスペック4気筒モデルでトラス・パイプフレームを採用しているのはMV AGUSTAだけでした。その基本的なシャシー構造は、職人の手による個体ごとのハンドメイドにより、生産されています。クローム・モリブデン鋼管とアルミニウム・スイングアームサポートフレームの複合した構造の、世界で一番美しい評されるフレームです。


誇らしげにデザインされたF4の文字。イタリアの巨匠タンブリーニが手掛けデザインしたMVアグスタF4シリーズである証です。


白いバックグラウンドのタコメーター、Brutaleのロゴが設定されたステアリングヘッド、ヘッドライトからスポーティーなメーターを囲うパネルは、フロントエンドにダウンフォースを与えるための空力性能とデザイン面での美しさが融合しており、更にカーボンパーツへ換装して質感を上げております。


フロントフォークはマルゾッキ製の倒立50ø、ボトムエンドはクイックリリースタイプとなっております。

ブレーキはニッシン製6ポッドキャリパーと310mmディスクを採用、抜群のストッピングパワーを誇ります。


ステップにはF4 BRUTALE のロゴがあしらわれ、クラッチカバーにも大きくMVのエンブレムが刻印され、デザインした者の拘りと自信が垣間見えてきます。


フロントフェンダー、リヤエンドのテールカバーとライセンスサポート、ライセンスホルダーをドライカーボン製の品に換装、当時でもこちらのパーツは中々手に入らない、高価で貴重なパーツでした。シート表皮もMOTO CORSEオリジナルのレザーシートに張替え、質感を向上させるカスタムが施されております。


高い排気効率とスタイリッシュなエキゾ-スト・システムは斜めにカットされた上下二つのサイレンサーで構成され、それらが奏でるエキゾーストサウンドは、官能的な音を楽しませてくれます。