MVアグスタ ブルターレ750S、フロントフォーク・オーバーホール。

走行距離18,000km強の、ブルターレ750S のフロントフォークのオーバーホールを承りました。


フロントフォークを分解する前に、シールの状況を確認します。

オイル漏れは無かったようですね。


フォークを車体から外し、分解します。       フォークオイルはかなり汚れております。


分解したフォークの各部品を洗浄致します。


オイル交換を行い、オイルシールなどのパーツを新しくして組付け。

オーバーホール終了です。

オイル交換とフォークシールの交換で摺動性能が向上して、フロントの収まりと挙動が見違えるようになります。


◇フロントフォークオーバーホールの時期・目安。

ツーリングなどでの公道使用で、約10,000kmがオーバーホールお薦めの目安です。

サーキットでの使用や、ワインディングを主に楽しまれる方は、シーズンオフの期間に年1回でのメンテナンス(フォークオイルの交換等)をお薦め致します。